« 「謎フレーズ探偵」天の神様の言う通り ② | トップページ | 緑茶飲料の登場 »

2022年3月 6日 (日)

「謎フレーズ探偵」天の神様の言う通り ③

Photo_20220303082901

これまでは、前回、前々回と、2回に渡り、「天の神様の言う通り」の5つの系統についてご紹介して来た。


ところが調査を進めて行くと、この歌には5つの基本の系統だけに留まらない、「複合型」のようなものが存在していることが分かって来た。


そしてこの複合型の歌詞には、複合型にしか登場しない「ワード」が出て来ることが分かったのだ。


そこでまずはその代表的なワードをいくつかご紹介してみようと思う。
そしてそれは次のようなものになる(↓)。


「複合型の歌詞にしばしば付けられるワード」

① 柿の種
② 玉手箱
③ ごはん粒
④ あぶらむし
⑤ 赤トンボ(白トンボ)
⑥ チョコレート


そして今回調査したものに関しては、この中でも「柿の種」の使用率が、なぜか他のワードに比べてずば抜けて高かった。


で、これらのワードが「天の神様の言う通り」の歌詞に、どのように関わって来るのかという話を、今からして行こうと思っている・・・・・・。


まず、複合型の歌詞は、「シンプル系」と「ミックス系」の2つに分けられる。


というか、分かりやすくするために、私が勝手にそのように分けてみた。


「シンプル系」というのは、前回までご紹介して来た5つの系統の歌詞の最後に、先程のワードが1つだけプラスして付けられるもののことをいう。


もう一つの「ミックス系」というのは、「A系統」+「ワード」+「B系統」というように、2つの系統の「つなぎ」の役割として、「ワード」が使われているもののことをいう。


文章で説明されてもイメージしにくいと思うので、実際の歌詞を例に上げて解説してみたいと思う。


「複合型・シンプル系」

どちらにしようかな
天の神様の言う通り
赤豆、白豆、さんど豆(系統)
柿の種(ワード)


上の歌詞のものは、「お豆系統」の歌詞の最後に、「柿の種」というワードがプラスされた、「シンプル系」の歌詞の例の1つになる。
ちなみに()内は分かりやすくするために付記したもので、歌詞とは全く関係がない。


「複合型・ミックス系」

どちらにしようかな
天の神様の言う通り
鉄砲撃ってバンバンバン(A系統)
柿の種(ワード)
1、2、3、4、5、6、7、8、9、10(B系統)


こちらの歌詞は、「鉄砲系統」+「ワード(柿の種)」+「数字系統」の構成になっている、ミックス系の1つの例である。


こちらも()内は分かりやすくするために付記したもので、歌詞とは全く関係がない。


ちなみに「ワード」は必ずしも、「A系統」と「B系統」の間に入る訳ではなく、最初に来る場合や、最後に付けられる場合もあるようだ。


ただ、今回調査したものに関しては、間に入るものがほとんどだった・・・・・・。


Photo_20220303083001

そしてこのワードの使い方には例外もある。


通常は「ワード」は1つだけ使われることが多いのだが、「呪文系統」のフレーズのようにシンプルで短い系統の後には、「ワード」が2つ3つ使われることもあるのだ。


その1つの例がこちらになる(↓)。


「呪文系統+ワード+ワード」

どちらにしようかな
天の神様の言う通り
なのなのな(系統)
赤トンボ、白トンボ(ワード)
柿の種(ワード)


また、「呪文系統」のフレーズはシンプルで短いため、「ワードの代用」のようにして使われることもある。


この場合、今回調査したものに関しては、通常のワードは使われず、「系統」+「系統」の構成になっていることが多かった。


そしてその1つの例がこちらになる(↓)。


「鉄砲系統+呪文系統」

どちらにしようかな
天の神様の言う通り
鉄砲撃ってバンバンバン
もひとつおまけにバンバンバン(系統)
なのなのな(系統)


この場合の「なのなのな」は、「柿の種」のような、ワードの代わりに使われていることが分かる。


なのでこの後に、「ミックス系」のように別の系統が続くこともある・・・・・・。


では、「天の神様の言う通り」の歌詞の構成は、なんでこうも複雑になっているのだろうか。


じつはこの疑問について、色々な人に話を聞いてみると、みんな口をそろえて、「数合わせだと思う」と言うのだ。


そもそも、「天の神様の言う通り」という歌は、今すぐにどちらにするのかを決めなくてはならない状況で、自分では即決出来ないので、「神様」にどちらにするのかを決めてもらおうという趣旨の歌である。


だから2択の場合もあれば、3択、4択など、状況によって、数は様々だと思う。


で、「どちらにしようかな」と、指を順番に指して行きながら、最終的に指が止まった所に決定されるということになる訳だ。


ところがフレーズも終わり近くになって来ると、どこで止まるかがだいたい予想出来るようになって来る。


そこで自分の望まない所で止まりそうになった時、急遽ワードを1つ足して、それを回避するのだ。


そしてそれでも足りない時には、「ええい、別系統のフレーズをもう1つくっ付けてしまえ!」ということで、歌詞の構成がどんどん複雑になって行ったというのが真相らしい。


ちなみに鉄砲系統の歌詞に追加で付けられる、「もひとつおまけにバンバンバン」や、放屁系統の歌詞に追加で付けられる、「もひとつおまけにぷっぷっぷ」なども同様の目的がある。


一応は歌詞の終わったところで、「決定」されることになってはいるのだが、これで本当に「天の神様の言う通り」になっているのか、一度「神様」にちゃんと聞いてみたいところだ・・・・・・。


(画像上、園芸品種の赤いマンサクが見ごろになった。画像下、春を待つシナサワグルミの冬芽葉痕)


« 「謎フレーズ探偵」天の神様の言う通り ② | トップページ | 緑茶飲料の登場 »

エッセイ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

冬芽葉痕」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

遊び」カテゴリの記事

小学校」カテゴリの記事

謎フレーズ探偵」カテゴリの記事

天の神様の言う通り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「謎フレーズ探偵」天の神様の言う通り ② | トップページ | 緑茶飲料の登場 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村