« 「謎フレーズ探偵」ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 ③ | トップページ | おにぎり村 »

2022年12月13日 (火)

「謎フレーズ探偵」ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 ④

Photo_20221210090801

「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌」

やめてよして触らないで
垢がつくから
あんたなんか嫌いよ
顔も見たくない(フン)


これは多くの人の記憶に残る、オーソドックスな歌詞の「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌」だ。


そして前回はこの基本の歌詞から大きく変化した、「人の名前の羅列型の歌詞」についてご紹介をした。
その一例がこちらになる(↓)。


「人の名前の羅列型の歌詞」

やめてよしこ沢田研二
夏目漱石
フランシスコザビエル
顔は志村けん


で、この「人の名前の羅列型の歌詞」は、私が学生時代を過ごした昭和50~60年代以降も、時代ごとに少しずつ歌詞を変えながら、小中学生の間で代々歌い継がれて行ったらしいのだ。


そこで今回は、私が小中学生の頃には聞いたことがなかった歌詞のものを、いくつかご紹介してみたいと思っている・・・・・・。


「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 J」

やめてよしこ沢田研二
赤川次郎
あんたなんか志村けん
顔はペプシマン


前回も書いた通り、「人の名前の羅列型の歌詞」は、前半の歌詞が「やめてよしこ 沢田研二 赤川次郎」と歌われるものが基本形になる。


これは元の替え歌の、「やめてよして触らないで垢がつくから」の「音」に合わせた歌詞の置き換えである。


そして今回注目すべきは、後半の歌詞の「あんたなんか志村けん顔はペプシマン」だ。


「志村けん」の部分については、私が小中学生の頃にも歌われていたので、伝統を引き継いだ形になるのだが、最後の「ペプシマン」については、当時は聞いたことがなかった。


というのも、「ペプシマン」自体がまだ世に出ていなかったのである。


ちなみに「ペプシマン」とはペプシコーラのCMキャラクターとして日本で発案され、1996(平成8)年3月からテレビCMに登場している。


ペプシマンは全身銀色のメタリックボディで、顔はツルツルでのっぺらぼうである。


だから歌詞Jでは、「あんたなんか志村けん」みたいだと言っているのに、「顔はペプシマン」と意味不明なことを言っていることになる・・・・・・。


Photo_20221210090901

「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 K」

やめてよしこ沢田研二
夏目漱石
あんたなんかペプシマン
顔は清原


先ほども書いた通り、「人の名前の羅列型の歌詞」は、「やめてよしこ 沢田研二 赤川次郎」と歌われるのが基本形である。


これは元の替え歌から、「やめてよして→やめてよしこ」、「触らないで→沢田研二」、「垢がつくから→赤川次郎」と、音を合わせて歌詞が置き換えられていることからも明らかだ。


では、この夏目漱石バージョンはなんなのかというと、前半の歌詞がそのような理由によるものだと知らずに、ただ、人の名前を並べればいいだけだと思い込んだ当時の子供が、勝手にそのようにアレンジしてしまい、それが自然に広まって行ったものと思われる・・・・・・。


で、後半の歌詞だが、「あんたなんかペプシマン 顔は清原」と歌われている。


まず、「あんたなんかペプシマン」だが、ペプシマンはちょっとおまぬけなキャラクターなので、「あなたはペプシマンみたいに間抜けである」ということを言いたいのだろう。


そして「顔は清原」だが、これは言うまでもなく、元プロ野球選手の清原和博さんのことだろう。


清原さんは1983(昭和58)年4月から1986(昭和61)年3月までPL学園高校に在籍していた。


PL学園は甲子園の常連校だったこともあり、その当時から清原さんは一般に広く顔を知られていた。


しかし、歌詞にはペプシマンが登場していることから、ここで歌われている「顔は清原」は、高校時代のことを指しているのではなく、プロ入り後ということになるのだろう。


先ほども書いた通り、ペプシマンのデビューは1996(平成8)年のことである。


で、「あんたなんかペプシマン 顔は清原」の意味についてだが、「あなたはペプシマンみたいに間抜けで、顔は清原にそっくりである」という、なんだか褒めているんだか、けなしているんだか、よく分からない話になってしまっている・・・・・・。


「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 L」

やめてよしこ沢田研二
夏目漱石
あんたなんか波平
顔はペプシマン


まず、「なぜ、主人公のサザエさんではなく波平なのか?」という疑問があるかと思うが、これについては、もともとこの歌は女子が男子に向けてうたう歌だからだ。


男子に向けて「あんたなんかサザエさん」というのは、ちょっとおかしいだろう。


そして見た目のインパクトも、サザエさんより波平の方が大きいし、歌われた男子の精神的ダメージは、きっとそれ以上のものがあるだろう。


そして注目すべきは、ここでも「ペプシマン」なのである。


どうやら1990年代は子供たちの間で、ペプシマンがブレイクしていたようである・・・・・・。


さて、4回に渡って書いて来た「ビビディ・バビディ・ブーの替え歌」だがいかがだったろうか。


今回、追いかけることが出来たのは、1990年代までだったが、もしかしたらこの替え歌は、その後も少しずつ進化しながら、歌い継がれているのかもしれない。


また、新たにその辺のことが分かったら、続きを書いてみたいと思っている・・・・・・。


(画像上、サザンカの花が見ごろになった。画像下、この時期の里山の林縁はカラフルな紅葉の道になっている・・・・・・)


 

« 「謎フレーズ探偵」ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 ③ | トップページ | おにぎり村 »

エッセイ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

遊び」カテゴリの記事

小学校」カテゴリの記事

中学校」カテゴリの記事

謎フレーズ探偵」カテゴリの記事

ビビディ・バビディ・ブーの替え歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「謎フレーズ探偵」ビビディ・バビディ・ブーの替え歌 ③ | トップページ | おにぎり村 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村