« カントウタンポポとセイヨウタンポポ | トップページ | ビデオのバーコード予約とGコード »

2023年7月29日 (土)

学研が出していたファミコン専門誌

Photo_20230725085701
▲ファミ通は現在も発売されている、唯一の家庭用コンピューターゲーム専門誌である。じつは創刊当時のファミ通は「ファミコン通信」という誌名だった。そしてそのファミコンの名前を、未だに誌名に残してくれていることは、ファミコン世代にはとても嬉しいことだ・・・・・・。

インターネットがまだなかった時代、ゲームソフトの情報提供は雑誌の役割だった。


当初、コンピューターゲームの主流はパソコンだったが、1983(昭和58)年7月15日にファミコンが発売になったことで、その流れは大きく変わって行った。


特に1985(昭和60)年から、1986(昭和61)年にかけては、ファミコンの出荷台数のピークで、1985(昭和60)年は374万台、1986(昭和61)年は390万台が出荷されている。


そしてこれを契機に、ファミコン専門誌が次々と創刊されて行くことになったのである。


今では考えられない話だが、最盛期にはなんと10誌ものファミコン専門誌が出版各社から発売になっていたのだ。


そんなファミコン専門誌だったのだが、現在でも発売されているのはわずか1誌だけで、他は全て休刊になってしまっている。


あの時代を知っている者としては、なんとも寂しい限りである・・・・・・。


このように一時は雨後の筍のごとく、創刊ラッシュだったファミコン専門誌なのだが、その全てが順調に売れて行ったという訳ではなかった。


その理由の1つは、ほぼ同時期に創刊ラッシュとなってしまったため、ライバルが多かったことが上げられるだろう。


「ファミコントップ」は1986(昭和61)年4月に学研から創刊されたファミコン専門誌だった。


1986(昭和61)年には、なんと6誌ものファミコン専門誌が創刊になっていて、ちょうどこの年が創刊ラッシュのピークであったことが分かる・・・・・・。


ところで学研からファミコン専門誌が発売になっていたなんて聞くと、私はちょっと意外な感じがする。


学研といえば我々の世代からすると、「学研のおばちゃん」が自転車で家まで配達してくれていた、学年誌の「科学と学習」や、本棚にズラリと並べられていた「学研の図鑑」のイメージが強かった。


だから学習とは何の関係もないファミコンの専門誌を、学研が出していたなんて聞くと、個人的にはなんだかちょっと、場違いな感じがしてならないのだ・・・・・・。


Photo_20230725090601
▲スーパーミステリーマガジン「ムー」は、1979年(昭和54)に学習研究社から創刊された歴史の古い雑誌である。その後、学研のグループ再編に伴い、現在はワンパブリッシングから発行されている・・・・・・。

しかし、その一方で、学研は「スーパーミステリーマガジン」と称した、オカルト専門誌の「ムー」を発売している会社でもあるのだ(現在はワンパブリッシング刊)。


ちなみに「ムー」は2023年に創刊44周年を迎え、現在も発売中の雑誌である。


それを考えると、学研がファミコン専門誌を出していたって、何ら不思議ではなかったのかもしれない・・・・・・。


で、話が少しそれてしまったが、学研から創刊された「ファミコントップ」についてである。


1986(昭和61)年、ファミコン専門誌の創刊ラッシュの中で発売された「ファミコントップ」なのだが、思うように売り上げが伸びて行かず、なんとたったの4号で休刊に追い込まれることになってしまった。


これは当時10誌近くあったファミコン専門誌の中で、最も短命な雑誌だったといえるだろう。


さすがにこれだけライバルが多いと、他誌との差別化というか、独自色がよほどはっきりとしていないと、競争に勝つことは難しかったということなのだろう。


しかし、学研がすごかったのは、これでファミコン専門誌から即撤退とは考えていなかったことだ。


じつはファミコントップの休刊から2年後に、「最強ゲーム情報誌」と称して、「ファミコンBEST」というムック本を新たに創刊したのだ。


前身の「ファミコントップ」が、たったの4号で休刊に追い込まれたにも関わらず、それに懲りることなく、「最強ゲーム情報誌」を発売してしまうあたり、怖いもの知らずにも程があるといえよう。


しかし、この「ファミコンBEST」も6号が刊行された後、またしても休刊へと追い込まれることになってしまった。


ちなみに1986(昭和61)年に4号だけ発売され、その後、休刊となってしまった「ファミコントップ」は、現在では古書店などでは、高値が付けられて売られているそうだ。


雑誌は取っておく人が少なくて、現物がほとんど残っていないことがその理由のようだ。


人気が出ずに売り上げが伸びず、早々に休刊へと追い込まれた雑誌が、数十年後にこんなに高値で取引されるようになるなんて、当時は誰も想像もしていなかった未来だろう・・・・・・。



« カントウタンポポとセイヨウタンポポ | トップページ | ビデオのバーコード予約とGコード »

ゲーム」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

レトロ雑誌、本」カテゴリの記事

レトロゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カントウタンポポとセイヨウタンポポ | トップページ | ビデオのバーコード予約とGコード »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村