« 「ヤッターマン」ドロンジョの裸 ② | トップページ | バッテリーバックアップとフーフー »

2024年4月29日 (月)

宇宙人解剖フィルム

Photo_20240429152001
▲テレビ番組に先行して発売になった扶桑社のムック本。「宇宙人解剖フィルム」から多くの画像を使って解説されている。好評だったのか、「最終報告」と題して、後に第二弾も発売になった・・・・・・。

「宇宙人解剖フィルム」と呼ばれる映像をご存知だろうか。


日本では1996(平成8)年2月2日に、フジテレビ系列の番組で初めて紹介されて、当時はたいへんな話題になった。


じつは当初このフィルムは、1995(平成7)年8月28日に、世界で一斉に放映するよう計画されていて、「出来れば日本もこれに合わせて、同時期に放映出来ないか?」という申し入れがあったのだそうだ。


結果的に日本ではそれはかなわず、1996(平成8)年2月2日に、「金曜超テレビ宣言!」内の特別番組、「UFO墜落から48年 今世紀最大の衝撃映像 宇宙人は本当に解剖されていた !!(フジテレビ系)」の中で初めて放映された・・・・・・。


で、そもそも、この「宇宙人解剖フィルム」が、どういった経緯で撮影されたのかというと、1947年7月に、ニューメキシコ州ロズウェルに墜落したといわれるUFOから、3体の宇宙人の死体が回収された。


そしてその1ヶ月後に、テキサス州ダラスのフォートワース基地内で、宇宙人の死体解剖が行われ、これを16ミリフィルムに記録したものだというのだ。


ロズウェル事件に関しては、それまでもテレビで何度も語られており、その都度、墜落時のイメージ映像が作られ流されていたので、私も事件の概要はなんとなく分かっていた。


しかし、墜落したUFOの中から回収されたという、「宇宙人」のリアルな映像が公開されたのはこの時が初であり、当時放送を見た多くの人が驚愕したのはもはや言うまでもない・・・・・・。


で、この「宇宙人解剖フィルム」が、具体的にどのようなものだったのかというと、小さな殺風景な部屋の中で、防護服のようなものを着た2人の人物が、台の上に横たわっている宇宙人の死体を解剖し、その様子を紙に記録している様子が映し出されている。


そしてガラス越しにその様子を見守る、もう1人の人物が映っていた。


映像は白黒で画質も荒く、「宇宙人」の皮膚の色や、取り出した内臓の色などは確認することが出来ない。


で、この「宇宙人」とされる生物の死体なのだが、私にはなんだか違和感しかなかった・・・・・・。


確かに映像の中の「宇宙人」は、人に比べて頭部が大きく、大きな目をしており、顔だけを見たら、よく知られた宇宙人グレイに似ていなくもない。


しかし、その体型はどう見ても人であり、ロズウェル事件で回収された宇宙人のスケッチとは、大きく外見が異なっている。


まず、頭部だが、「宇宙人解剖フィルム」に映っている宇宙人は、ロズウェル事件の宇宙人に比べて、明らかに目が小さい。


それに黒目しかないと思われていた目には、黒いフィルム状のカバーが入っていて、これをピンセットで剥して行くと、その下から白目をむいた状態の眼球が現れるのだ。


私は子供の頃、椅子に座っている人のアイマスクをそっと外したら、ガッツリ白目をむいていて、慌てて元に戻すというコントを見た記憶があるのだが、思わずそれを思い出してしまい、映像を見ながら、「プッ!」と吹き出してしまった・・・・・・。


Photo_20240429153301
▲帯にはテレビ番組で司会を務めていた、ビートたけしのコメントと写真が紹介されている。どうでもいいけど、今こうしてみると、たけしが若い・・・・・・。

また、ロズウェル事件の宇宙人には、耳たぶはないとされていたが、「宇宙人解剖フィルム」の宇宙人には、小さな耳たぶが確認出来る。


さらにロズウェル事件の宇宙人は口は退化しており、小さなスリット状と言われていたが、映像の宇宙人の口は、まるで酔っぱらって、ポカンと口を開けて眠っている人間のようである・・・・・・。


また、ロズウェル事件の宇宙人は、手足の指に親指はなく、4本指だったと言われている。


しかし、映像の宇宙人の手足の指は、しっかり親指があるばかりか、どういう訳か6本指に増えてしまっているのだ。


また、ロズウェル事件の宇宙人は、手足の指は細長く尖っており、指の間には水かきのようなものが付いていたとされている。


しかし、映像の宇宙人の手足の指は、まるで人の指の形そのもので、指の間に水かきもなかった・・・・・・。


そして、私が映像の宇宙人で、最も違和感を覚えたのは、不自然なくらい大きく膨らんだ、その腹だった。


ロズウェル事件の宇宙人は、大きな頭部に見合わないくらい、華奢な身体つきをしていて、そのアンバランス感こそが、宇宙人の定番のイメージにもなっていた。


だから私には映像の宇宙人は、ビール腹のおやじが素っ裸で寝転がっているようにしか見えず、「なんだ・・・、人間じゃないか・・・」と、思わず口走っていたのを、いまでもはっきりと覚えている。


ただ、後から聞いた話では、どうやらこの「宇宙人」は女性だったらしく、私は「宇宙人にはおっぱいはない」ということを、この時はじめて知ったのだった・・・・・・。



« 「ヤッターマン」ドロンジョの裸 ② | トップページ | バッテリーバックアップとフーフー »

エッセイ」カテゴリの記事

オカルト(都市伝説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヤッターマン」ドロンジョの裸 ② | トップページ | バッテリーバックアップとフーフー »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村