カテゴリー「一年イモ食って屁こいて」の記事

2022年10月14日 (金)

「謎フレーズ探偵」アルプス一万尺の替え歌 ④

Photo_20221011084101

前回までは「アルプス一万尺の替え歌」の様々な歌詞のバリエーションについて書いて来た。


そして今回は基本から外れたちょっとイレギュラーな歌詞のものをご紹介してみたいと思う。


で、まずは比較用として、「アルプス一万尺の替え歌」の、オーソドックスな歌詞のものを1つご紹介しておくので参考にして欲しい。


「アルプス一万尺の替え歌(オーソドックスなもの)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
大事なパンツに穴開けた(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
大事なパンツは博物館


オーソドックスな歌詞のものは、歌詞が前半部分(「ヘイ!」という掛け声のところまで)と、後半部分に分かれているのだが、後半部分はなぜか「知らない」というかたも少なくなかった。


で、今回の本題となるイレギュラーな歌詞のものがこちらになる(↓)。


「アルプス一万尺の替え歌(イレギュラーな歌詞)①」

田舎のじっちゃんばっちゃん
トイレに入って
紙がないから
手で拭いた(ヘイ!)
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


私はこの歌詞を見て、「あれ?」とすぐにあることに気付いた。


冒頭の「田舎のじっちゃんばっちゃん」まではいいとして、その後の歌詞はなんだかどこかで見たことがあるような気がするのだ。


そこで記憶の糸を手繰って行くと、これって以前調査した、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」のフレーズにそっくりなのだ。


ちなみに「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」では、「みっちゃんみちみちうんこたれて 紙がないから手で拭いて もったいないから舐めちゃった」と歌われている。


このイレギュラーな歌詞のものは明らかに、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けていると考えていいと思う。


しかし、それが意図的なものだったのか、混同して伝わってしまったものなのかは残念ながらよく分からない。


で、このイレギュラーな歌詞のものは、後半の歌詞は「アルプス一万尺の手遊び歌(元歌)」と同様に、シンプルに「ラ」のみで歌われて行く。


ただ、今回の調査では、後半の歌詞がない例も見られた。


また、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けたと思われる歌詞には、次のようなバリエーションもあった。


Photo_20221011084201

「アルプス一万尺の替え歌(イレギュラーな歌詞)②」

隣のじっちゃんばっちゃん
トイレに入って
ティッシュがないから
手で拭いた(ヘイ!)


まず、冒頭の「田舎のじっちゃんばっちゃん」が、「隣のじっちゃんばっちゃん」に変化していることが分かる。


しかし、これについては、オーソドックスな歌詞のものも、両方の歌詞がバリエーションとして存在していた。


次に①の「紙がないから」というフレーズが、②では「ティッシュがないから」というフレーズに変化している。


これについては、人から人へ伝わって行く際に、まるで伝言ゲームのように、どこかのタイミングで、変化して行ったものと思われる。


また、②の歌詞では、後半の歌詞の「ラーララ ラララララ・・・」はなくて、前半の歌詞だけで全てが完結していた。


このようにイレギュラーな歌詞①、②は、明らかに「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けていることが分かる・・・・・・。


で、影響を受けていると言えば、オーソドックスな歌詞の2行目、「イモ食って屁こいて」というフレーズも、どこかで聞いたことがあるような気がする。


で、こちらも記憶の糸を手繰って行くと、以前調査した「学年の数え歌」に全く同じフレーズがあった。


ちなみに「学年の数え歌」では、「一年、イモ食って屁こいて」と歌われている。


このように子供の替え歌というのは、他の替え歌に歌詞の一部を流用していることがままある。


そしてこのことがより一層、歌詞の謎を深めることになるのである・・・・・・。


ちなみに前回は本文では特に触れなかったが、この「イモ食って屁こいて」というフレーズは、「屁して」、「屁こいて」、「屁ふって」、「屁たって」などのバリエーションがあった。


意味としては全く同じなのだが、住んでいる地域によって、方言に置き換えられて歌われていたようである。


ちなみに私が子供の頃に聞いた記憶があるのは、「屁して」と「屁こいて」の2パターンだった。


恐らくもっと広い範囲で調査をして行けば、更に多くのバリエーションが出て来るのだろう。


という訳で、4回に渡って書いて来た、「アルプス一万尺の替え歌」だが、とりあえず今回で完結ということになる・・・・・・。


(画像上、気温が下がって、ハギの花が目立ち始めた。画像下、クヌギのどんぐりが落ちる季節になった・・・・・・)


2022年1月11日 (火)

「謎フレーズ探偵」一年イモ食って屁こいて ③

Photo_20220108101401

前回の記事では、「学年の数え歌」の様々なバリエーションについてご紹介をした。


そしてその調査の過程で、以前記事にした、「きんしかがやくにっぽんの」で始まるゴム飛び歌に、なぜ学年の数え歌の「二年肉屋の大泥棒」の一節だけが使われていたのか、その理由が判明することになったのだった。


で、今回はいよいよ、「学年の数え歌」の元歌に迫って行きたいと思っている・・・・・・。


じつは今回の調査を始める前に、前回までの調査結果を、数え歌の情報を集めて下さったAさんに報告に行ったのだが、そこで「学年の数え歌」の元歌を探るための、大きなヒントをもらうことが出来た。


そしてこれは、Aさんも「すっかり忘れていた」そうなのだが、当初「学年の数え歌」には、三年と六年の歌詞の後に、掛け声のようなフレーズが入っていたのだという。


そしてそれが次第に簡略化されて行き、その部分を飛ばして歌うことが多くなって行ったのだとか。


で、その掛け声のフレーズが全て入った完全版がこちらになる(↓)。


「学年の数え歌(完全版)」

一年、イモ食って屁こいて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂道転がって、大事なチンポを擦りむいた
いいぞ、がんばれ〇〇小(〇〇は自分の通っている小学校名が入る)
燃えよ、〇〇小(〇〇は自分の通っている小学校名が入る)!
四年、夜中の大小便
五年、ゴリラのケツ洗い
六年、廊下に立たされて、そのうえ中学入れない
いいぞ、がんばれ〇〇小(〇〇は自分の通っている小学校名が入る)
燃えよ、〇〇小(〇〇は自分の通っている小学校名が入る)!


Aさんが小学生の頃は、普段は「いいぞ、がんばれ〇〇小」の部分は歌わずに、一年から六年までのフレーズだけを通して歌い、「みんなの気分が乗っている時だけ」、突然完全版の大合唱が始まったという。


運動会や遠足など、何かイベントがある時や、めったに降らない雪が降った(積もった)時などに、完全版は歌われることが多かったそうだ。
早い話がみんなのテンションが高まっている時に、完全版は歌われていたということらしい。


前回ご紹介した、「学年の数え歌」の各種バリエーションを見ても、「いいぞ、がんばれ〇〇小」のフレーズは、A~Dのいずれの歌詞にも入ってはいなかった。


そして記事で紹介しきれなかったものについても、それは全く同様だった。


ということはやはり、「いいぞ、がんばれ〇〇小」の部分は、時間と共に次第に省略されて、歌われなくなって行ったということなのだろう。


小学生というのは、この手の歌は何よりも「面白さ」を優先するので、取り立てて面白くない部分については、省略してしまうことも、決して珍しくはない。


そしてそのことが、後の時代になって、「あの歌の元歌はいったいなんだったのだろう?」と考える時に、大きな障害となって立ちはだかるのである・・・・・・。


Photo_20220108101402

さて、ここからはいよいよ、「学年の数え歌」の元歌を探って行こうと思っているのだが、鍵になるのはやはり、「いいぞ、がんばれ〇〇小、燃えよ〇〇小!」のフレーズである。


で、みなさんはこのフレーズを見て、何か思い当たることはないだろうか。


ちなみに私がまず思ったのは、「もしかしてこれって、応援歌なんじゃないの?」ということである。


「いいぞ、がんばれ」とか、「燃えよ」なんてフレーズは、どう考えても誰かを応援する時に使うワードである。


また、応援歌というのは、どちらかというと、個人よりもチームを応援する時に歌われるものである。


そう考えると、Aさんが小学生の頃に、「運動会の時には完全版を歌っていた」というのもよく分かる・・・・・・。


で、この「学年の数え歌」の元歌が応援歌だったとして、いったいなんの競技の応援歌だったのかが問題なのだ。


そこで当時のことをちょっと振り返ってみることにする。


この「学年の数え歌」が流行っていた1970~1980年代は、今と違ってテレビ中継もされているメジャーなプロスポーツはそう多くはなかった。


サッカーなんてプロ化もされていなかったし、ルールすらよく分かっていない者が多かった時代だ。


毎回テレビ中継があるプロスポーツといえば、野球、相撲、プロレスぐらいだったと思う。


そしてこの中で応援歌が歌われそうな競技といえば・・・・・・、そう、野球しかないのである。


で、このことをAさんに話したところ、「ご名答!この替え歌の元ネタは、中日ドラゴンズの応援歌なんだよ」と言うではないか。


中日ドラゴンズの応援歌は、時代ごとに作り直されているが、「学年の数え歌」の元になったのは、どうやら1974年バージョンの、「燃えよドラゴンズ」だったようだ。


じつはこの歌、とてつもなく長いのだが、「学年の数え歌」の元になったのは、2番から3番にかけての歌詞だったようだ。


ちなみに元歌の「燃えよドラゴンズ」では、選手の打順と名前が歌詞に出て来て、「一番高木が塁に出て、二番谷木が送りバント、三番井上タイムリー、四番マーチンホームラン・・・」と歌われて行く。


そして「いいぞがんばれ〇〇小」の部分は、もちろん、「いいぞがんばれドラゴンズ」であることは、もはや言うまでもないだろう。


ところで「学年の数え歌」の元歌が、中日ドラゴンズの応援歌だったということは、この歌の発祥はもしかして、名古屋だったということなのだろうか。


じつはこの点については、Aさんも知らなかったし、残念ながらいくら調べてもよく分からなかった。


ただ、「中日ドラゴンズファンの子供が最初に考案した可能性は極めて高い」とだけ言って、言葉を濁しておこうと思う・・・・・・。


(画像上、横浜はこの冬、数年ぶりの積雪となり、畑はご覧のように真っ白に。画像下、林縁はまるで水墨画のような世界に変貌した・・・・・・)

2022年1月 5日 (水)

「謎フレーズ探偵」一年イモ食って屁こいて ②

Photo_20220101110201

前回から「一年イモ食って屁こいて」で始まる、学年の数え歌の調査を始めた。


で、今回はこの数え歌の様々なバリエーションをご紹介して行こうと思っているのだが、まずは前回ご紹介した、オーソドックスな歌詞のものをおさらいしておこうと思う。


それがこちらになる(↓)。


「学年の数え歌 A」

一年、イモ食って屁こいて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂道転がって、大事なチンポを擦りむいた
四年、夜中の大小便
五年、ゴリラのケツ洗い
六年、廊下に立たされて、そのうえ中学入れない


で、この数え歌は、地域や学年によっても、かなりバリエーションがあるそうなので、今回はその中からいくつかご紹介してみたいと思っている。


ちなみにここで言う「地域」とは、関東とか関西などの、広い範囲を示すものではなく、学区程度のごく狭い範囲を指している・・・・・・。


「学年の数え歌 B」

一年、イモ食って屁こいて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂から飛び降りて、そのうえチンポを擦りむいた
四年、夜中の大小便
五年、ゴリラのケツ掃除
六年、廊下に立たされて、そのうえ中学入れない


この「数え歌B」の歌詞は、「A」とたいへんよく似ているのだが、三年と五年の歌詞が「A」とは微妙に違っている。


「A」では「三年、坂道転がって」と歌われている所が、「B」では「三年、坂から飛び降りて」と歌われている。


「坂を飛び降りる」という表現はちょっと違和感があるので、歌詞としては「A」の「坂道転がって」がオリジナルなのかなぁという気がする。


また、「A」の「五年、ゴリラのケツ洗い」が、「B」では「五年、ゴリラのケツ掃除」になっているのだが、これも「ケツ掃除」という表現よりも、「ケツ洗い」の方が意味が通じてしっくり来ると思う。


どうでもいいが、なんで五年生になるとゴリラのケツを洗わなければならないのか・・・・・・。


Photo_20220101110301

「学年の数え歌 C」

一年、いちいち叱られて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂から落っこちて、大事な金玉擦りむいた
四年、よろよろ酔っ払い
五年、ゴシゴシケツ洗い
六年、牢屋に入れられた


見ての通り、この「数え歌C」では、歌詞の大半の部分が、これまでご紹介して来たものとは違っている。


「数え歌C」の主人公は、一年生の時に「いちいち叱られて」いたところを見ると、悪ガキであることは容易に想像出来る。


そしてなんと四年生で早くも飲酒をしたらしく、「よろよろ酔っ払い」になってしまっている。


小学校四年生で飲酒とは、こりゃあ、ただ者ではないなと思っていたら、なんと六年生の時に何をしでかしたのか、「牢屋に入れられた」というから、もはや札付きのワルであることは間違いないだろう。


そしてこの「数え歌C」では、三年のフレーズが「坂から落っこちて」とあるのだが、「坂から落っこちる」という表現は、やはり違和感がありおかしい。


ということは、この「数え歌C」も恐らくオリジナルではないということだろう・・・・・・。


「学年の数え歌 D」

一年、一日えらい人
二年、肉屋の大泥棒
三年、散髪丸坊主
四年、ヨチヨチ幼稚園
五年、ゴリラのケツ洗い
六年、ろくろく、ろくでなし


この「数え歌D」も歌詞の大半が違う。


「数え歌D」の主人公は、一年生の時は優等生だったのに、三年生の時に何かやらかしたらしく、頭を丸坊主にして反省。


そして四年生の時に、また何か悪さをしたようで、「幼稚園からやり直して来い!」と怒られた様子。


また、五年生の時には、「ゴリラのケツ洗い」の奉仕活動に専念するも、その甲斐なく六年生でついに「ろくでなし」になってしまっている・・・・・・。


さて、今回は「学年の数え歌A~D」の、4つのバリエーションをご紹介して来たのだがいかがだったろうか。


私の感じでは歌詞に違和感がなく、ちゃんと意味が通じているということから、恐らく「A」が「学年の数え歌」のオリジナルだったのではないかと想像している。


そして今回の調査で1つ分かったことは、これら複数のバリエーション(紹介したものが全てではない)のどれを取って見ても、「二年肉屋の大泥棒」のフレーズだけは必ず採用されていたという事実だ。


前回の記事の冒頭あたりで触れた、「きんしかがやくにっぽんの」で始まるゴム飛び歌に、なぜかこのフレーズだけが使われていたのは、どうやらこんな理由があってのことのようだ。


そして次回はいよいよ大詰め、「学年の数え歌」の元歌に迫って行こうと思っている・・・・・・。


(画像上、寒くても咲いているイモカタバミの花。画像下、橙色に紅葉するイロハモミジ)



2021年12月30日 (木)

「謎フレーズ探偵」一年イモ食って屁こいて ①

Photo_20211228083401

以前、「謎フレーズ探偵」の企画で、「きんしかがやくにっぽんの」で始まるゴム飛び歌について調査をしたことがあった。


で、このゴム飛び歌には、いくつかのバリエーションがあったのだが、その一例がこちらになる(↓)。


「ゴム飛び歌」

きんしかがやくにっぽんの
アジア、アメリカ、ヨーロッパ
パッパッパリアの新学期
にんにんにくやの大泥棒
教会の鐘が鳴ります、キンコンカン


そして、このゴム飛び歌の、「にんにんにくやの大泥棒」というフレーズについて調査をしていた時、この一節は当時流行っていた、「数え歌」のワンフレーズだということが判明した。


で、記事ではその数え歌がどんなものであったか、その一例をご紹介しているのだが、それがこちらになる(↓)。


「数え歌」

一年、イモ食って屁こいて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂道転がって
四年、夜中に大小便
五年、ゴリラのケツ洗い
六年、廊下に立たされた


そしてこの時わたしは、この数え歌のあまりにバカバカしい歌詞がなんだかとっても気になっていたのだった・・・・・・。


ところが調査中の「ゴム飛び歌」に、「数え歌」が関係していたのは、「二年、肉屋の大泥棒」のたったワンフレーズだけだった。


このため、本題から大きくそれてしまうということもあって、この数え歌については特に詳しく調査をすることはしなかった。


しかし、その後もずっと気になっていたことには変わりがなく、機会があったらぜひとも詳しく調査をしてみたいと思っていた。


そこで今回ようやく本腰を入れて、調査をしてみることにしたという訳だ・・・・・・。


ところが「ゴム飛び歌」の調査の際に偶然分かったことなのだが、この「数え歌」はどうも私よりも少し年齢が上の人たちが小学生の頃に、流行っていた歌のようなのだ。


現実に私はこの「数え歌」は知らなかった。


Photo_20211228083601

ということは、私の友人知人のネットワークだけでは、ちょっと心もとないということで、今回も「レインボーマンの替え歌」や、「ハゲの数え歌」の調査の時に、大変お世話になったAさんを頼ることにした。


で、Aさんにこの話を持って行く時に、「ゴム飛び歌」の調査の際に調べてあった、前述の「数え歌」のメモを持参して行き、見てもらうことにした。


するとAさんはメモを見るなり、「ああ、これか、知ってるよ。でもこれ、ちょっと歌詞が抜けてるな」と言って、すぐに歌詞をサラサラっと書き加えてくれた。


どうやら前回調査したものは、「完全版」ではなかったようなのだ。


で、Aさんが歌詞を書き加えてくれた完全版がこちらになる(↓)。


「学年の数え歌 A」

一年、イモ食って屁こいて
二年、肉屋の大泥棒
三年、坂道転がって、大事なチンポをすりむいた
四年、夜中の大小便
五年、ゴリラのケツ洗い
六年、廊下に立たされて、そのうえ中学入れない


どうやら三年と六年のフレーズには、後半の歌詞が存在していたということらしい・・・・・・。


また、Aさんが言うには、この数え歌は地域や学年によっても、かなりバリエーションがあるそうなのだ。


Aさんは中学に進学した際に、同級生が自分の知っていた歌詞とは違う歌詞で、この数え歌を歌っているのを聴いて、たいへん驚いたことを覚えているという。


そう言われてみれば、中学になると、より広い範囲から生徒が集まって来るようになるため、小学校の時とは違って、入って来る情報量が一気に増えて、本件に限らず、このようなことがよく起きていたように思う・・・・・・。


で、今回もAさんがメールや電話を駆使して、あちこちから情報を集めて来てくれたので、次回から本格的に調査を始めたいと思っている。


Aさんいつもありがとうございます。


それにしても、こんなマイナーな話題まで、ちゃんと引っ掛かって来るAさんの情報網は本当にすごいとしか言いようがない。


いったい世の中のどこまで張り巡らされているのだろうか。


うちのベランダに小さな網を張っているジョロウグモも、きっと羨ましがっているに違いない・・・・・・。


(画像上、ドウダンツツジの紅葉。画像下、寒空の下で咲くボケの花)




2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村