カテゴリー「アルプス一万尺の替え歌」の記事

2022年10月14日 (金)

「謎フレーズ探偵」アルプス一万尺の替え歌 ④

Photo_20221011084101

前回までは「アルプス一万尺の替え歌」の様々な歌詞のバリエーションについて書いて来た。


そして今回は基本から外れたちょっとイレギュラーな歌詞のものをご紹介してみたいと思う。


で、まずは比較用として、「アルプス一万尺の替え歌」の、オーソドックスな歌詞のものを1つご紹介しておくので参考にして欲しい。


「アルプス一万尺の替え歌(オーソドックスなもの)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
大事なパンツに穴開けた(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
大事なパンツは博物館


オーソドックスな歌詞のものは、歌詞が前半部分(「ヘイ!」という掛け声のところまで)と、後半部分に分かれているのだが、後半部分はなぜか「知らない」というかたも少なくなかった。


で、今回の本題となるイレギュラーな歌詞のものがこちらになる(↓)。


「アルプス一万尺の替え歌(イレギュラーな歌詞)①」

田舎のじっちゃんばっちゃん
トイレに入って
紙がないから
手で拭いた(ヘイ!)
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


私はこの歌詞を見て、「あれ?」とすぐにあることに気付いた。


冒頭の「田舎のじっちゃんばっちゃん」まではいいとして、その後の歌詞はなんだかどこかで見たことがあるような気がするのだ。


そこで記憶の糸を手繰って行くと、これって以前調査した、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」のフレーズにそっくりなのだ。


ちなみに「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」では、「みっちゃんみちみちうんこたれて 紙がないから手で拭いて もったいないから舐めちゃった」と歌われている。


このイレギュラーな歌詞のものは明らかに、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けていると考えていいと思う。


しかし、それが意図的なものだったのか、混同して伝わってしまったものなのかは残念ながらよく分からない。


で、このイレギュラーな歌詞のものは、後半の歌詞は「アルプス一万尺の手遊び歌(元歌)」と同様に、シンプルに「ラ」のみで歌われて行く。


ただ、今回の調査では、後半の歌詞がない例も見られた。


また、「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けたと思われる歌詞には、次のようなバリエーションもあった。


Photo_20221011084201

「アルプス一万尺の替え歌(イレギュラーな歌詞)②」

隣のじっちゃんばっちゃん
トイレに入って
ティッシュがないから
手で拭いた(ヘイ!)


まず、冒頭の「田舎のじっちゃんばっちゃん」が、「隣のじっちゃんばっちゃん」に変化していることが分かる。


しかし、これについては、オーソドックスな歌詞のものも、両方の歌詞がバリエーションとして存在していた。


次に①の「紙がないから」というフレーズが、②では「ティッシュがないから」というフレーズに変化している。


これについては、人から人へ伝わって行く際に、まるで伝言ゲームのように、どこかのタイミングで、変化して行ったものと思われる。


また、②の歌詞では、後半の歌詞の「ラーララ ラララララ・・・」はなくて、前半の歌詞だけで全てが完結していた。


このようにイレギュラーな歌詞①、②は、明らかに「みっちゃんみちみちうんこたれての歌」の影響を受けていることが分かる・・・・・・。


で、影響を受けていると言えば、オーソドックスな歌詞の2行目、「イモ食って屁こいて」というフレーズも、どこかで聞いたことがあるような気がする。


で、こちらも記憶の糸を手繰って行くと、以前調査した「学年の数え歌」に全く同じフレーズがあった。


ちなみに「学年の数え歌」では、「一年、イモ食って屁こいて」と歌われている。


このように子供の替え歌というのは、他の替え歌に歌詞の一部を流用していることがままある。


そしてこのことがより一層、歌詞の謎を深めることになるのである・・・・・・。


ちなみに前回は本文では特に触れなかったが、この「イモ食って屁こいて」というフレーズは、「屁して」、「屁こいて」、「屁ふって」、「屁たって」などのバリエーションがあった。


意味としては全く同じなのだが、住んでいる地域によって、方言に置き換えられて歌われていたようである。


ちなみに私が子供の頃に聞いた記憶があるのは、「屁して」と「屁こいて」の2パターンだった。


恐らくもっと広い範囲で調査をして行けば、更に多くのバリエーションが出て来るのだろう。


という訳で、4回に渡って書いて来た、「アルプス一万尺の替え歌」だが、とりあえず今回で完結ということになる・・・・・・。


(画像上、気温が下がって、ハギの花が目立ち始めた。画像下、クヌギのどんぐりが落ちる季節になった・・・・・・)


2022年10月 8日 (土)

「謎フレーズ探偵」アルプス一万尺の替え歌 ③

Photo_20221004083301

前回は「アルプス一万尺の替え歌」の前半の歌詞をご紹介した。


で、今回は後半の歌詞について書いて行こうと思っている。


という訳で、まずは前回ご紹介した「歌詞A」に、後半の歌詞を加えたものをご紹介してみようと思う。
それがこちらになる(↓)。


「アルプス一万尺の替え歌 A(完全版)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁して
大事なパンツに穴開けた(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
大事なパンツは博物館


見てもらえば分かる通り、本当にどうしようもねえ歌である。
そして子供が作る歌って、なんでいつもこうも残酷なんだろうと笑ってしまう。


みなさんも子供の頃、一度は耳にしたことがあるであろう、「お正月」や「ひな祭り」の替え歌でも、必ず誰かしら死者が出ていたのを覚えているだろうか・・・・・・。


「アルプス一万尺の替え歌 B(完全版)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破れて空飛んだ(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
破れたパンツは美術館


後半の歌詞で注目すべきは、パンツが最終的にどうなるのかということだろう。


田舎のじっちゃんばっちゃん亡き後、パンツの行方は歌詞Aでは博物館、歌詞Bでは美術館に展示されることになったようだ。


穴が開いたり、破けたりしたパンツに、そんなに価値があるということは、田舎のじっちゃんばっちゃんって、本当はすごい人物なのかもしれない・・・・・・。


「アルプス一万尺の替え歌 C(完全版)」

隣のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁して
パンツが破れてさあ大変(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
破れたパンツは行方不明


歌詞Cでは破れたパンツは行方不明になってしまっている。


博物館や美術館に展示されるよりも、「行方不明」の方がより自然な感じがする。


しかし、じっちゃんを殺害し逃走した犯人によって、パンツは持ち去られたとも考えられる。


そもそもの話、じっちゃんを殺害した理由というのが、パンツを手に入れるためだったのではないのか。


博物館や美術館に展示されるほど価値のあるパンツなのだ。
あり得ない話ではないだろう・・・・・・。


Photo_20221004083401

「アルプス一万尺の替え歌 D(完全版)」

隣のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破けて気絶した(ヘイ!)
じじいは殺され
ばばあは自殺
破れたパンツは水族館


歌詞Dのパンツの行方は水族館なのだが、なぜに水族館なのか意味が分からない。


前半の歌詞で、じっちゃんばっちゃんはパンツが破けたショックで気絶してしまっている。


もしかしたらその間に、歌詞Bのように屁をした勢いで空を飛び、水族館上空でパンツが脱げてしまい、それが落下したのかもしれない。


突然現れたパンツが水槽の中を泳ぎ回り始め、お客さんはさぞかしびっくりしたことだろう。


ちなみに歌詞A~Dにおけるパンツの行先については、聞く人によって様々なのだが、強いて言うなら博物館が最も多い行先だった・・・・・・。


さて、続いての歌詞、EとFについては、2つ続けてご紹介することにする。


「アルプス一万尺の替え歌 E(完全版)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破れてケツ出した(ヘイ!)
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


「アルプス一万尺の替え歌 F(完全版)」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツを脱いだらクソだらけ(ヘイ!)
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


歌詞Eと歌詞Fでは、後半の歌詞は元歌と同じで、シンプルに「ラ」で歌って行く。


歌詞Eでは「パンツが破れてケツ出した(ヘイ!)」、歌詞Fでは「パンツを脱いだらクソだらけ(ヘイ!)」の後の、「ラーララ ラララララ」ということになり、歌詞のバカっぽさをよりいっそう引き立ててくれているといえよう・・・・・・。


今回は「アルプス一万尺の替え歌」の、後半の歌詞について書いて来た訳なのだがいかがだったろうか。


ちなみに今回の調査では、後半の歌詞については、そもそも「なかったと思う」と答えるかたも少なくなかった。


これが前回後半の歌詞を紹介しなかった理由でもある。


さて、そんな訳で、次回は「アルプス一万尺の替え歌」の、ちょっとイレギュラーな歌詞のものについて書いてみようと思っている・・・・・・。


(画像上、林縁の草地で咲くアレチヌスビトハギの花。画像下、アキアカネが山から帰って来た・・・・・・)



2022年10月 2日 (日)

「謎フレーズ探偵」アルプス一万尺の替え歌 ②

Photo_20220929085801

「アルプス一万尺(元歌)」

アルプス一万尺
小槍の上で
アルペン踊りを踊りましょ
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


一般にアルプス一万尺は、子供が2人1組で行う手遊び歌として知られている。


私が子供の頃、女の子はよくこのアルプス一万尺をやって遊んでいた。


基本的にアルプス一万尺は女子の遊びで、男子がやっているのを見かけたことは、確か一度もなかったと思う。


その代わりと言ってはなんだが、男子の間では「アルプス一万尺の替え歌」が流行っていた。


男子は女子がアルプス一万尺をやっているのを見つけると、わざわざその近くまで走って行って、「アルプス一万尺の替え歌」を歌って、ゲラゲラと笑っていたものだ。


その歌詞の内容があまりにもバカバカしいので、アルプス一万尺で遊んでいた女子も、思わず「プッ!」と吹き出して、いっしょに爆笑していたのを覚えている・・・・・・。


で、今回はその替え歌をいくつかご紹介してみたいと思っている。


例によって今回もいつものメンバーに協力してもらい、それぞれの友人知人のネットワークから情報を集めてもらった。


ちなみに本稿では昭和50~60年代に小学生時代を過ごした人たちから話を聞かせてもらっている。


そんな訳でまずは私が覚えていた歌詞のものを最初にご紹介してみたい。
それがこちらになる(↓)。


「アルプス一万尺の替え歌 A」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁して
大事なパンツに穴開けた(ヘイ!)


そしてこの後は、後半の歌詞に続いて行くのだが、今回は前半の歌詞だけをご紹介して行く。


ちなみに元歌の方は、後半の歌詞は、「ラーララ ラララララ・・・」と、「ラ」でシンプルに歌って行くだけなのだが、替え歌の方は一応ちゃんと歌詞がある。


これについては、次回以降で詳しくご紹介して行こうと思っている・・・・・・。


「アルプス一万尺の替え歌 B」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破れて空飛んだ(ヘイ!)


歌詞Aと歌詞Bはよく似ているのだが、注目すべきは最後の部分だ。


歌詞Aでは「大事なパンツに穴開けた」だけで済んでいるが、歌詞Bではパンツが破れただけに止まらず、なんと屁のパワーだけで空を飛んだというから驚きである。


田舎のじっちゃんばっちゃんとはいえ、なかなか侮れない特技を持っているといえよう。


それにしても屁をするたびに、パンツに穴が開いたり、破けたりしていたら、パンツが何枚あっても足りないだろう。


ということは、普段はパンツを一度下ろしてから、屁をしているのかもしれない。


ところがこの日はうかつにもイモを大量に食べてしまったため、不意に屁が出てしまい、パンツに穴を開けてしまったということではないだろうか。


ちなみに上の歌詞の()内のフレーズは、歌わないバージョンもあったという意味である・・・・・・。


Photo_20220929085901

「アルプス一万尺の替え歌 C」

隣のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁して
パンツが破れてさあ大変(ヘイ!)


「アルプス一万尺の替え歌 D」

隣のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破けて気絶した(ヘイ!)


歌詞Cと歌詞Dを見てまず気付くのは、冒頭の歌詞が「田舎のじっちゃんばっちゃん」から、「隣のじっちゃんばっちゃん」に変化していることだ。


じつは今回の調査で出て来たものに関しては、同じ歌詞のものでも、冒頭の歌詞が「田舎のじっちゃんばっちゃん」になっているものと、「隣のじっちゃんばっちゃん」になっているものの2パターンがあった(人によって違っていた)。


したがって、本稿でご紹介する際には、どちらか多かった方の歌詞を採用している・・・・・・。


「アルプス一万尺の替え歌 E」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツが破れてケツ出した(ヘイ!)


どうでもいいが、パンツが破れてケツが出るのは当たり前の話である。


どうせケツを出すのなら、パンツが破けないように、屁をする前に出さなければ意味がないだろう。


「パンツが破れてケツ出した(ヘイ!)」などと言っている場合ではない・・・・・・。


「アルプス一万尺の替え歌 F」

田舎のじっちゃんばっちゃん
イモ食って屁こいて
パンツを脱いだらクソだらけ(ヘイ!)


この歌詞Fではうかつにも屁ではなく、具の方が出ちゃったらしい。
肛門のしまりが悪くなっているのだろうか。


しかし、「パンツが破けた」という記述はどこにもないので、とりあえず今回はパンツそのものは無事だったようである・・・・・・。


という訳で、今回は「アルプス一万尺の替え歌」の前半の歌詞をご紹介して来たのだがいかがだったろうか。


じつはこれが全てではないのだが、切りがないのでとりあえず今回は、この辺で線引きしておこうと思う。


そして次回は、今回あえてご紹介しなかった、後半の歌詞について書いてみたいと思っている・・・・・・。


(画像上、道端で咲く、白花の彼岸花。画像下、テングタケの幼菌。林縁ではキノコが目立つ・・・・・・)


2022年9月26日 (月)

「謎フレーズ探偵」アルプス一万尺の替え歌 ①

Photo_20220922085501

今回の謎フレーズ探偵は、「アルプス一万尺の替え歌」を採り上げてみたいと思っている。


しかし、その前に、元歌の「アルプス一万尺」について、ちょっと書いておきたいと思う。


一般に「アルプス一万尺」は、二人一組で行う手遊び歌として知られている。


相手と向かい合わせになって、アルプス一万尺の歌を歌いながら、お互いに右手、左手とリズミカルに手を合わせて行くアレである。


実際にやってみると、交互に手を合わせたり、ポーズをしたりとけっこう忙しく、相手と呼吸が合わないと、なかなかうまくいかない。


しかし、上手な子供たちは、これを一度も失敗することなく、難なくやってのけるのだ。


また、達人レベルになって来ると、早口で歌をうたいながら、高速で手合わせをして行くという、離れ業をやってのける者もいた・・・・・・。


で、もはや説明するまでもないだろうが、その「アルプス一万尺」の手遊び歌がこちらになる(↓)。


「アルプス一万尺」

アルプス一万尺
小槍の上で
アルペン踊りを踊りましょ
ラーララ ラララララ
ラーララ ララララ
ラーララ ラララララ
ララララ ラー


ところで、私は子供の頃、アルプス一万尺の「アルプス」は、てっきりスイスのアルプスのことだとばかり思っていた。


なぜかというと、当時「アルプスの少女ハイジ」というアニメが子供たちに大人気で、多くの子供たちがこれに影響を受けていたのだ。


ちなみに「アルプスの少女ハイジ」の本放送は、フジテレビ系列で、1974(昭和49)年1月6日から12月29日まで放送されていたそうである。


そして毎週日曜日の午後7時30分から午後8時の放送枠で、全52話が放送されたという。


その放送年月を見ると、私が見ていたのはどう考えても再放送なのだが、当時は人気のアニメは、夕方の時間帯に再放送を何度もやっていたので、「アルプスの少女ハイジ」は多くの世代が見ていたアニメだと思う。


そしてその影響もあって、当時わたしは、「アルプス一万尺 小槍の上で」という歌詞を、「アルプス一万尺 仔ヤギの上で」と聞き間違えて覚えていた。


なぜかというと、作中ではヤギ飼いの少年のペーターが、いつも仔ヤギを連れて歩いていたからだ。


そしてその仔ヤギの上にハイジが乗って、「アルペン踊り」なる異国の踊りを踊っているシーンを勝手に想像していたのである。


いまこうして冷静に考えてみれば、かなりアクロバティックな踊りであり、「バカだなぁ」と思うのだが、当時はそう思っていた少年少女が決して少なくなかったはずである。


そして個人的には、確か二十歳過ぎまでずっとそう信じて疑わなかったように思う。


「もっと早く気付けよ」という話なのだが、当時は周りもみんなそう思っていたフシがあるので、誰も間違いを正してくれる人がいなかったのである・・・・・・。


Photo_20220922085502

そんな訳で、アルプス一万尺のアルプスが、「日本アルプス」のことだと知った時は、かなりの衝撃を受けたことを覚えている。


ちなみに日本アルプスとは飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈の総称である。


そして歌詞に出て来る「一万尺」については、長さの単位であることはなんとなく分かると思う。


調べてみると、1尺は30・3センチになるようだ。


そして飛騨山脈の槍ヶ岳の標高が3180メートルとのことなので、「だいたい一万尺」ということになるだろう・・・・・・。


そして当時、仔ヤギと間違えていた「小槍」については、飛騨山脈の槍ヶ岳の頂上近くにある岩のことを言うのだそうだ。


どうでもいいが、そんな足場の悪そうな場所で、アルペン踊りなど踊れるのだろうか。


ちなみに「アルペン踊り」がどんな踊りなのか調べてみると、詳しくは分からなかったのだが、どうも大勢で輪になって踊る踊りのようである。


足場の悪い岩の上で、そんな踊りを踊ることは、どう考えても不可能である。


ペーターの飼っている仔ヤギの背に乗って踊りを踊るのと、難易度的にはそう変わらないのではないか。


もしかしたら、1人だったらなんとか踊れるのかもしれないが、下手をしたら命がけになるかもしれない。


「ラーララ ラララララ」などと言っている場合ではない・・・・・・。


ところでこの「アルプス一万尺」の歌は、手遊び歌としては1番だけが知られているが、じつはなんと29番まであるなが~い歌なのだそうだ。


どうでもいいが29番まで作るなら、なんで切りのいい30番までにしなかったのだろうか・・・・・・。


で、そんなことはともかく、「アルプス一万尺」の全体の歌詞を通して見ると、よく知られている1番の歌詞にあるように、登山を背景にした歌であることには変わりはないようだ。


しかし、意外なことに、歌詞のメインのテーマは登山ではなくて、「片思いをしている男性の、揺れ動く気持ちを歌った恋愛の歌」だったのである。


もし、子供の歌う手遊び歌のフレーズが、お馴染みの1番の歌詞ではなくて、10番の歌詞の、「トントン拍子に 話が進み キスする時に 目が覚めた」だったら、手遊び歌としては絶対に流行らなかっただろう。


もしかしたら、親に「そんな歌、うたっちゃいけません!」と止められていたかもしれない。


また、11番の歌詞の、「山のこだまは 帰って来るけど 僕のラブレター 返ってこない」だったら、その後の「ラーララ ラララララ・・・」はあまりにも悲し過ぎる。


という訳で、今回はつっこみどころ満載の、「アルプス一万尺」について書いて来た訳なのだが、次回からはいよいよメインのテーマである、「アルプス一万尺の替え歌」の方をご紹介して行きたいと思っている・・・・・・。


(画像上、里山ではキクイモの花が咲き出した。画像下、ツクツクボウシはまだまだ元気に鳴いている・・・・・・)



2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村