カテゴリー「先生に言ってやろう」の記事

2023年8月28日 (月)

「謎フレーズ探偵」せ~んせいに~いってやろう~ ②

Photo_20230824090201

「い~けないんだ~、いけないんだ~、せ~んせいに~いってやろう~ ♪」


この歌は子供の頃、誰もが歌ったことがある、もしくは歌われたことがある歌なのではないだろうか。


そして、そのどちらの経験もないという人も、まず間違いなく、誰かが歌っているのは、聴いたことがあるのではないだろうか・・・・・・。


そしてこの歌は、インターネットやSNSもない時代からすでに歌われていて、「全国規模の伝言ゲーム形式」で、各地に伝わって行ったと考えられる。


それにも関わらず、この歌は全国どこへ行っても、歌詞に変化がほとんど見られないのだ。


唯一の変化といえば、歌詞が各地の方言に置き換わることぐらいだが、歌詞の意味や内容については、全くいっしょと考えていいと思う・・・・・・。


ちなみに私の地元の横浜市では、次のような歌詞で歌われていた。


「あ~ら~ら~、こ~ら~ら~、い~けないんだ~、いけないんだ~、せ~んせいに~いってやろう~ ♪」


そして今こうして振り返ってみると、当時は不思議なくらい、歌詞のことなど全く気にもしていなかった。


しかし、このように文字に置き換えて改めて見てみると、歌詞にある「意味不明な謎の部分」が如実に浮かび上がって来るのだ・・・・・・。


そう、それはいうまでもなく、「あ~ら~ら~、こ~ら~ら~」の部分である。


横浜市には方言らしい方言はないと言っても過言ではない。


だから、「あ~ら~ら~、こ~ら~ら~」も、方言ではないと断言してもいいと思う。


では、「あ~ら~ら~、こ~ら~ら~」とはいったいなんのことだろうか。


意味は分からないものの、とりあえずこの部分は、「あらら」と「こらら」という2つの単語に分かれていそうである。


という訳で、この部分を2つに分けて考えてみよう・・・・・・。


まずは「あらら」である。


パッと見た印象では、「あらら」は「こらら」よりは、なんとなく分かる気がする。


そもそも「あらら」は、日常でも無意識に使っている言葉だと思う。


意味としては、「あらまあ」とか、「おやまあ」といったところだろうか。


語尾にビックリマークを付けて、「あらら!」と表記すれば分かりやすいかもしれない。


で、この予想が当たっているかどうか、辞書を引いて調べてみると、やはり「あらら」は、「驚いた時などに発することば」とある。


そして面白いのは、「主として女性が用いる」と書かれている点だ。


確かに「あらら!」などというセリフは、おばちゃんが発しているイメージがある。


同様の意味の、「おやまあ」とか「あらまあ」も、どちらかといえば、女性が発する言葉という印象が強い。


ということは、この歌の作者は、もしかしたら女性なのではないか・・・・・・。


Photo_20230824090202

続いては「こらら」である。


「こらら」は「あらら」と違って、日常で使っている人は見たことがない。


辞書を引いてみても、「こらら」なんて言葉は出ていない。


そこで「こらら」に関しては、似ている言葉から、歌詞の意味を推理して行こうと思う。


で、「こらら」といって、まず真っ先に思い浮かぶのは、「こら」という言葉ではないだろうか。


「こら」は語尾にビックリマークを付けて、「こら!」と表記すると、相手を叱る時に発する言葉であることがよく分かる。


そこで「こら」という言葉について、ちょっと調べてみることにする。


すると「こら」という言葉は、もともとは「これ」という、対象を指し示す言葉だったが、次第に「これは何事だ」とか、「これはどうなっているんだ」というように、相手を注意する場合にも使われるようになっていったのだという。


つまりもともとは、「これは」と言っていたものが、「これは→こりゃ→こら」といった具合に、じょじょに変化していったということになりそうだ。


そして「これは何事だ」と言っていたのが、「こら何事だ」と言うようになり、そのうちに「何事だ」が省かれて、「こら(=叱る言葉)」になっていったということらしい・・・・・・。


また、昔の人は「これ」を人に対しても使っていた。


どういうことかというと、時代劇などで「これ、酒を持て」などというセリフを聞いたことがあるだろう。


つまり、「これ→こりゃ→こら」と変化して行き、「こら、何をしている」といった具合に使われるようになって行ったのだ。


つまり「あらら、こらら」の「こらら」が、「こら」の変化した言葉だとすると、「あらまあ!こらっ!あんた何してんのっ!」といったような意味合いになるのだろう。


どうでもいいがこのセリフを聞いて、思わず「ちびまる子ちゃん」のお母さんを思い浮かべてしまうのは私だけだろうか。


では、なぜ「こら」が「こらら」になったのだろうか。


これについては、この歌はもともと相手を囃し立てる歌であるため、恐らくは「あらら」に合わせて、文字数や語尾の発音を合わせて、歌いやすくしたということだろう。


つまりは「韻を踏んだ」のである。


先生に告げ口をすることを堂々と宣言するという、何ともろくでもない趣旨の歌ではあるが、ちょっとしたセンスを感じるのは私だけだろうか・・・・・・。


(画像上、林縁ではよい香りを漂わせながらクサギの花が咲いている。画像下、木陰でちょっと一休みしているアカボシゴマダラ・・・・・・)


2023年8月22日 (火)

「謎フレーズ探偵」せ~んせいに~いってやろう~ ①

Photo_20230817085401

「い~けないんだ~、いけないんだ~、せ~んせいに~いってやろう~ ♪」


この歌は子供の頃、誰もが歌ったことがある、もしくは歌われたことがある歌なのではないだろうか。


そのどちらの経験もないという人も、まず間違いなく、誰かが歌っているのは聴いたことがあるのではないだろうか・・・・・・。


この歌はAくんがBさんのことを「叩いた」とか、「からかった」とか、「けなした」とか、「泣かせた」といった時に、それを見ていた周囲の者が、加害者に対してうたう歌である。


また、学校や友達のものを「壊した」とか、「失くした」という時にも歌われるほか、宿題を忘れていたことに気付いて、親しい友達に答えを丸写しさせてもらっているところを、運悪く周囲の者に見られてしまった場合などにも歌われる。


いずれの場合も、ポイントとなって来るのは、被害者が加害者に対して歌うのではなく、そのこととは何の関係もない周囲の者が、まるで獲物の匂いを嗅ぎつけたハイエナのごとく集まって来て、集団で囃し立てる点である・・・・・・。


で、歌詞を見てもらえば分かる通り、この歌はこれまで「謎フレーズ探偵」でご紹介して来た替え歌の類ではない。


「せ~んせいに~いってやろう~」のフレーズにあるように、「お前がやったことはしかと見届けたから、それを先生に報告してやるからな!」という、告げ口をすることをわざわざ宣言するという、ろくでもない趣旨の歌なのである。


その様子はまるで、ドラえもんの作中で、スネ夫がジャイアンに告げ口をしているシーンや、時代劇でお代官様に入れ知恵をする越後屋を彷彿とさせる・・・・・・。


しかし、そうは言っても、実際に告げ口をするようなケースは、ほとんどなかったように思う。


早い話が子供たちはこの歌をただ歌いたかったのだと思う。


で、無意識にこの歌を心のどこかにスタンバイさせておき、ターゲットを見つけると同時に、その場に一気に駆け寄って行き、ここぞとばかりに、歌を発動させていたのだ。


その様子はまるで、カタパルトデッキにスタンバイされていたガンダムが、「アムロいきま~す!」という掛け声と共に、弾丸のように出撃して行くシーンのようでもあり、いま思えばちょっと怖いぐらいの反応速度だった。


当時の小学校にはアムロのようなニュータイプがたくさんいたのだ。


どうでもいいが、嫌なニュータイプである・・・・・・。


しかし、実際に告げ口をされることは少ないとはいうものの、クラスメイトに周囲を取り囲まれ、逃げ場をなくされた状況で、一斉に囃し立てられるというのは、クラスの中でたった一人、孤立しているという不安感を引き起こし、恐怖すら感じさせる行為だったといえるだろう。


だから何かやらかしてしまった時は、先生に注意されることよりも、クラスメイトが一瞬でハイエナと化す、この囃子歌の方がよっぽど怖いと感じられたものである・・・・・・。


Photo_20230817085501

ところでこの、「い~けないんだ~、いけないんだ~、せ~んせいに~いってやろう~」という囃子歌だが、じつはかなり古い時代から存在していて、しかも日本中の子供たちに歌われていたらしい。


音楽の教科書に載っているような歌なら話は分かるが、どこの誰が作ったとも知れないこの歌が、いったいどうやって、日本全国津々浦々に伝わって行ったというのだろう。


しかも、「全国規模の伝言ゲーム」であるにも関わらず、その歌詞についてはどこへ行っても、ほとんど変化が見られないというのも驚きである。


唯一の変化は歌詞が各地の方言に置き換わることぐらいだが、歌詞の意味や内容については、全くいっしょと言っていいだろう。


10人程度でやる伝言ゲームですら、最後の人に行き着くころには、原形を留めていないこともあるというのに、全国規模でここまで正確に伝わっているというのは、逆に不自然にすら感じられる・・・・・・。


当時はSNSはおろか、インターネットすらまだなかった時代だ。


最初の人が歌詞を紙に書いて、「これを広めてくれ」と次の人に渡して、それを次々と繰り返して行ったとしても、絶対にどこかで書き間違えは起こるはずだ。


何度も書くが、何しろこれは全国規模の話なのだ。


それにそうなって来ると、メロディの問題も出て来る。


楽譜なんて誰もが読めるものではないし、昭和20~30年代からすでに歌われていたと仮定すると、カセットテープもまだ登場していないことになる。


ということは、やはり「壮大な伝言ゲームだった」としか考えられないのだ。


それにもかかわらず、歌詞は一言一句間違えず、メロディーは一音も外すことなく、全国に広まって行ったなんて、テレパシー能力でもなければ、絶対に不可能だと思うのだが・・・・・・。


そんな訳で次回は、いよいよ、「先生に言ってやろう」の歌詞の謎について迫ってみたいと思っている・・・・・・。


(画像上、真夏の花の少ない時期に咲くサルスベリの花。画像下、公園にミンミンゼミの美声(?)が響き渡る・・・・・・)


2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村